次世代リーダーを育てる!ファーストレゴリーグ

内容紹介

 

ファーストレゴリーグ(FLL)とは、9歳〜16歳の子どもを対象に開催される世界最大のロボット競技会である。 アメリカのNPO法人「FIRST」によって1998年に初めて開催されたあと、世界中に広がり、日本では2004年にFLLの国内大会が初めて開催された。 2008年には、日本で世界大会が開催され、毎年参加者が増えており、注目を集めている。

そんなFLLを卒業していったOB・OGの声やFLLに挑戦している選手の生の声、それを支える大人達の声などをインタビュー形式でまとめてあります。 世界で注目を集めるFLLを解説した公式ガイドブック第2弾。

【主な内容】
  • はじめに
  • 第1章 FLL OB・OGの声
    • 富平 準喜さん
    • 河本 理帆さん
    • 大橋 穣さん
    • 多田 遥香さん
    • T・Sさん
  • 第2章 FLLへの挑戦
    • 学校法人 玉川学園
    • 学校法人 桐蔭学園
    • 国立大学法人 奈良教育大学附属中学校
    • ロボット科学教育クレファス新百合ヶ丘校 チームBWW
    • アイズアカデミー チームファーストフジサン
    • FLLJr ロボット科学教室クレファスジュニアエリートKicks 最強アクアアルティメットチーム
  • 第3章 FLLの子どもを支える大人たち
    • 小林 哲也さん
    • 河本 敏志さん
    • 福田 哲也さん
    • 大井 喜代さん・松本 英太郎さん
    • 三井化学株式会社
    • 清水建設株式会社
  • おわりに

 

著者について

 

鴨志田 英樹

NPO法人青少年科学技術振興会理事長、株式会社ロボット科学教育CREFUS 代表取締役社長、一般社団法人ロボット技術検定機構理事長、成城大学文芸学部英文科卒、民間教育機関に入社し13年間教育産業に携わったのち、教育系ビジネスプロデューサーとして独立。教育とエンターテインメントを融合した教育プログラムを開発し、ITエンジニアの育成業務を行う。2003年、株式会社ロボット科学教育CREFUSを設立。翌年にNPO法人青少年科学技術振興会を立ち上げ、FLL国内大会を開催する。2006年、ユネスコアジアパシフィック支局の要請により、ブルネイダルサラーム国で「Brunei Darussalam-UnescoScienceand Technology Camp」のプロデュースを手掛ける。現在も、子どもの科学に関する新しい教育プログラムの開発、発表の場を作るなど、教育の分野を中心に精力的に活動している。著者に『ロボットの現在と未来』(エクスメディア)、『世界最大級のロボット競技会 ファーストレゴリーグ公式ガイドブック』(KTC中央出版)がある。

  • 1,800円(税込1,944円)